パソコンから動機や足取りを調べる

ヘッダー背景
人探し・家出

パソコンから動機や足取りを調べる

パソコンは一家に一台という時代ですし、家族それぞれが所有しているという家庭も多いと思います。

また、調べ物や資料の保存、管理など、家出人に関する情報がパソコン一台に詰まっていますので、家出人探しにおいて有力な手がかりが見つかる可能性が高いです。

パソコンを立ち上げてもログオンにパスワードを設定している場合がありますが、家族でできるだけ思いつくパスワードを推測しログオンを試みるか、解析ソフトなどもありますし、緊急性に応じて専門業者に依頼するのもいいかもしれません。

パソコンの中身のどの部分を見ればよいか、何点か例を挙げて見ていきたいと思います。

閲覧履歴

ブラウザを立ち上げ、履歴ボタンを押し、どんなサイトにアクセスしていたのかを探してみましょう。

交通機関、飛行機などのチケット予約のサイトにアクセスしていないかどうか、ホテルや旅館、宿泊施設などのサイトにアクセスしていないかどうか、立ち寄りそうな施設のサイトにアクセスしていないかどうか一つ一つサイトにアクセスし確認していきます。

求人募集サイトにアクセスしているようであれば、どういった業種のページを閲覧しているのかなどのチェックも必要です。

また、出会い系サイトなどにアクセスしているようでしたら、サイトで知り合った人物と行動を共にしていることも想定でき、今後の家出人探しにおいてもそうした同行者の存在を考慮しなければなりません。

その他、自殺の仕方などそういったサイトにアクセスしていないかどうかのチェックも必要です。

メール

メールの中にもさまざまな手がかりが残っています。

例えば、仕事先とのやり取りの中になにかトラブルなどをにおわせるようなやりとりがある場合もありますし、出会い系サイトで知り合った相手のメールアドレスや、電話番号、名前などの記載が残っている場合もあります。

また、メールのアドレス帳も開いてそこに記載されているアドレスや住所等の詳しい情報も記載されている場合もありますので、交友関係に取材する際にも役立ちます。

メールはフリーアドレスを使用しているケースもありますので、ブラウザの履歴からアクセスしているフリーアドレスのサイトを探し、メールの内容をチェックすることも忘れないようにしましょう。

ただし、ログインにはIDとパスワードが必要ですので、パソコン内にログインに必要な情報が残っていないかどうかを探したり、推測等できるだけログインを試みた方がいいかと思います。

文書ファイル

ワードやエクセル、メモ帳など文書ファイルにも手がかりが残っている場合もあります。

日記風な心情を綴ったファイルが見つかる場合もあるでしょうし、何かの電話番号や数字など家出人にしかわからないようなものも記されている場合もあります。

そうしたものも一つ一つチェックしていく必要があるでしょう。

画像ファイル

デジカメで撮影した画像もパソコンに保存、管理している場合がります。

観光地や施設で撮影したものがあれば、再度そうした場所に立ち寄る可能性もあります。

また、友人などと一緒に写っている場合は、交友関係を知る手掛かりになります。


以上のように、パソコンには家出人探しをしていく上で、役立つ情報が数多くありますので、一通りすべてのファイルをチェックしましょう。

中には、手がかりを残したくないために、初期化していたりデータを完全消去している場合もありますが、そのような場合こそ重要な手がかりがある可能性がありますので、データ復旧ソフト等を使用したり、重要性に応じて専門業者に頼んでみるのもいいかもしれません。

その他の手がかりになるもの

探偵に頼むなら

【関連情報】
興信所の料金や費用の相場